メニュー
ホーム

プロフィール

勤務先

スケジュール

業績







平成18年
山形ヘルスサポート協会研究・開発事業助成
少年野球選手に対する超音波を用いた肘検診

平成19年
山形ヘルスサポート協会研究・開発事業助成
少年野球選手に対する超音波を用いた肘検診
日本テニス学会の研究プロジェクトによる助成研究
広島国際女子オープン大会における女子プロ・エリートアマチュアテニス選手の疼痛の調査

平成20年
山形ヘルスサポート協会研究・開発事業助成
少年野球選手に対する超音波を用いた肘検診

平成23年
山形ヘルスサポート協会研究・開発事業助成
検診後1年以上経過したジュニアテニス選手の再検診





1 Harada M, Takahara M, Hirayama T, Sasaki J, Mura N, Ogino T. : Outcome of nonoperative treatment for humeral medial epicondylar fragmentation before epiphyseal closure in young baseball players. Am J Sports Med. 2012 ; 13 [Epub ahead of print]
2 Harada M, Takahara M, Mura N, Sasaki J, Ito T, Ogino T. Risk Factors for Elbow Injuries among Young Baseball Players. J Shoulder Elbow Surg 2010;19:502-507
3 Harada M, Takahara M, Zhe P, Otsuji M, Iuchi Y, Takagi M, Ogino T: Developmental failure of the intra-articular ligaments in mice with absence of growth differentiation factor 5. Osteoarthritis Cartilage 2007;15:468-474
4 Harada M, Takahara M, Sasaki J, et al: Using sonography for the early detection of elbow injuries among young baseball players. AJR Am J Roentgenol 2006;187:1436-41.
5 Harada M, Ogino T, Takahara M, Ishigaki D, Kashiwa H, Kanauchi Y: Fragment fixation with a bone graft and dynamic staples for osteochondritis dissecans of the humeral capitellum. J Shoulder Elbow Surg 2002;4:368-372



1 Kanauchi Y, Takahara M, Harada M, Ogino T. Growth of severely hypoplastic phalanges and metacarpals in symbrachydactyly: an experimental study in mice. J Hand Surg Am 2008;33:1589-1596.
2 Takahara M, Mura N, Sasaki J, Harada M, Ogino T. Classification, treatment, and outcome of osteochondritis dissecans of the humeral capitellum. Surgical technique. J Bone Joint Surg Am 2008;90:47-62.
3 Takahara M, Mura N, Sasaki J, Harada M, Ogino T. Classification, treatment, and outcome of osteochondritis dissecans of the humeral capitellum. J Bone Joint Surg Am 2007;89:1205-1214.
4 Piao Z, Takahara M, Harada M, Orui H, Otsuji M, Takagi M, Ogino T. The response of costal cartilage to mechanical injury in mice. Plast Reconstr Surg 2007;119:830-836..
5 Otsuji M, Takahara M, Naruse T, Guan D, Harada M, Zhe P, Takagi M, Ogino T. Developmental abnormalities in rat embryos leading to tibial ray deficiencies induced by busulfan. Birth Defects Res A Clin Mol Teratol 2005;73:461-467.
6 Takahara M, Harada M, Guan D, Otsuji M, Naruse T, Takagi M, Ogino T.Developmental failure of phalanges in the absence of growth/differentiation factor 5. Bone 2004;35:1069-1076.




1 原田幹生、高原政利
丸山真博、佐々木淳也、荻野利彦. 野球選手における肘関節内側動揺性の超音波評価:X線評価との比較. 日整会スポーツ学会会誌 2012; 32 (1) 7-13
2 原田幹生、高原政利、丸山真博:
野球肘の診療をめぐって シーズンオフの野球肘検診の実際. 臨床スポーツ医学. 29:321-325, 2012
3 原田幹生、高原政利、鈴木智人、佐々木淳也、村成幸、荻野利彦:
高校野球選手に対する肘検診におけるMoving valgus stress テストと超音波の有用性. 日本肘関節学会雑誌2011;18 : 24-28.
4 原田幹生、高原政利、村成幸、佐々木淳也、荻野利彦:
少年野球選手の投手における野球肘の発症に関与する危険因子の検討. 日本肘関節学会雑誌2011;18 : 226-229.
5 原田幹生、村成幸、高原政利、佐々木淳也、丸山真博、荻野利彦:
高校野球選手における肩関節可動域と肘内側のゆるみとの関係. 肩関節 2011;35 : 935-938.
6 原田幹生、高原政利、丸山真博、荻野利彦:
14歳以下のジュニアテニス選手の身体特性. 日整会スポーツ学会会誌 2011; 31 (1) 61-68
7 原田幹生、高原政利、丸山真博、荻野利彦:
検診後1年以上経過したジュニアテニス選手の再検診. JOSKAS:2011; 36 : 494-498
8 原田幹生 高原政利:
肘関節 スポーツ障害に対する手術適応と術式. スキル関節鏡下手術アトラス 手・肘関節鏡下手術 2011:第1版 203-209
9 原田幹生、高原政利、平山朋幸、佐々木淳也、村成幸、荻野利彦:
成長期野球選手の上腕骨内上顆裂離に対する保存治療成績. 日本肘関節学会雑誌2010;17 : 87-90.
10 原田幹生、高原政利、鈴木智人、佐々木淳也、村成幸、荻野利彦:
高校野球選手の肘障害. 日本臨床スポーツ学会会誌 2010; 18 : 442-447.
11 原田幹生 大饗和憲 高原政利 荻野利彦:
広島国際女子オープン大会における女子プロ・エリートアマチュアテニス選手の疼痛の調査. テニスの科学 2010;18 : 19-24.
12 原田幹生、浅野多聞、菅原裕史、佐竹寛史、尾鷲和也:
骨穿孔術後の骨癒合不全に対して自家骨軟骨移植術を行った距骨離断性骨軟骨炎の1例. 東北整形災害外科紀要 2010;54:43-47
13 原田幹生、後藤康夫、村成幸、武居功、尾鷲和也、荻野利彦:
スポーツにより生じた鎖骨骨幹部骨折の治療成績. 肩関節 2010;34 : 731-735.
14 原田幹生 高原政利:
整形外科スポーツ外傷・障害診療マニュアル スポーツによる肘障害. Monthly Book Orthopaedics 2010: 23 (5) 45-51
15 原田幹生、尾鷲和也、桃井義敬、内海秀明:
梨状筋症候群と診断し手術療法を行った63例の検討. 整形外科 2009: 60 (5) 413-417
16 原田幹生 高原政利 長谷川浩士 荻野利彦:
ジュニアテニス選手の検診による疼痛の実態調査-肘関節障害を中心に-. 日整会スポーツ学会会誌 2009: 29 (2) 42-45
17 原田幹生 後藤康夫 村成幸 荻野利彦:
腱板断裂の大腿筋膜パッチ法術後MRIにおける修復腱の経時的変化.肩関節 2009: 33(3) 747-749.
18 原田幹生 高原政利 佐々木淳也 村成幸 伊藤友一 荻野利彦:
少年野球選手における野球肘と骨年齢との関係. 日本肘関節学会雑誌2009;16 : 70-72.
19 原田幹生、高木信博、尾鷲和也、尾山かおり、内海秀明、菅原裕史:
野球選手に生じた腰椎左側分離症、右側椎弓根疲労骨折の2例. 整形外科 2008: 59:251-254
20 原田幹生、荻野利彦、高原政利.:
女子ジュニアテニス選手に発症した両側の上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎の1例. 日本肘関節学会雑誌 2008;15 : 145-147.
21 原田幹生 高原政利 長谷川浩士 荻野利彦:
:男子高校テニス選手における上肢痛の調査. 日整会スポーツ学会会誌 2008: 28 (2) 51-55
22 原田幹生, 村成幸, 高原政利, 鳴瀬卓爾, 荻野利彦:
腋窩部くい刺創による長胸神経麻痺の1例.東北整形災害外科紀要 2007;51:106-109
23 原田幹生、高原政利、佐々木淳也、村成幸、伊藤友一、荻野利彦:
少年野球選手に対する超音波を用いた肘検診.臨床整形外科 2007;42:555-560
24 原田幹生 高原政利 佐々木淳也 村成幸 伊藤友一 荻野利彦:
少年野球選手の野球肘の発症に関与する危険因子の検討. 日本肘関節学会雑誌 2007;14 : 172-175.
25 原田幹生, 尾鷲和也, 尾山かおり, 桃井義敬, 岩崎聖, 和根崎史子:
非外傷性殿部区画症候群の1例. 整形外科 2006;57 (4) 438-439
26 原田幹生 高原政利 佐々木淳也 村成幸 伊藤友一 荻野利彦:
少年野球選手の野球のパフォーマンスと上腕骨内上顆裂離の発症との関連性. 日本肘関節学会雑誌 2006: 13 (2) 145-146
27 原田幹生, 高原政利, 佐々木淳也, 村成幸, 伊藤友一, 荻野利彦:
少年野球選手の肘検診における超音波の有用性. 東北整形災害外科紀要 2004;48:62-65
28 原田幹生, 高原政利, 佐々木淳也, 村成幸, 伊藤友一, 荻野利彦:
少年野球選手の内側型野球肘の評価における超音波の有用性の検討. 日本肘関節学会雑誌 2004;11:35-36
29 原田幹生, 高原政利, 朴哲, 荻野利彦:
非荷重関節における骨軟骨欠損の実験的研究. 日本肘関節学会雑誌2004;11:219-220



1 丸山真博, 高原政利, 原田幹生, 石井政次, 村成幸, 佐々木淳也:
高校生やり投選手の肘障害調査. 臨床スポーツ学会会誌 2011; 19 : 447-452.
2 針生光博, 尾山かおり, 原田幹生:
人工膝関節全置換術後の早期歩行訓練に関する検討. JOSKAS 2011; 36 : 126-127.
3 丸山真博, 高原政利, 原田幹生, 佐々木淳也, 村成幸, 荻野利彦:
投球パフォーマンスの主観的評価の試み 中学・高校生の野球選手における肘障害に関する検討. 日整会スポーツ学会会誌 2011;31 : 69-73.
4 針生光博, 尾山かおり, 豊野修二, 嶋村之秀, 江藤淳, 原田幹生, 内海秀明, 武居功, 浦山安広, 尾鷲和也:
術前スクリーニングによる遠位型深部静脈血栓症陽性例に対する人工膝関節置換術の検討. 日本人工関節学会誌 2010;40 : 496-497.
5 尾鷲和也, 尾山かおり, 武居功, 原田幹生, 内海秀明:
胸郭出口症候群における肩関節周囲炎と上腕骨外側上顆炎の合併. 整形外科 2010; 61 : 1171-1174.
6 丸山真博, 原田幹生, 佐々木淳也, 村成幸, 荻野利彦, 高原政利:
野球肘と投球障害の主観的評価との関係. 日本肘関節学会雑誌 2010; 17 : 94-96.
7 武居功, 原田幹生, 村成幸, 鶴田大作, 荻野利彦, 後藤康夫:
当院における肩甲骨骨折手術症例の検討. 肩関節 2010;34 : 725-729.
8 丸山真博, 高原政利, 原田幹生, 佐々木淳也, 村成幸:
投球時肘痛と投球の支障度との関係. 臨床スポーツ学会会誌 2010; 18 : 470-473.
9 丸山真博, 高原政利, 原田幹生, 佐々木淳也, 村成幸, 荻野利彦:
中学野球選手における投球時の肘痛の有無と肘・手関節筋力との関係. 日整会スポーツ学会会誌 2010; 30 : 35-39.
10 尾鷲和也, 内海秀明, 尾山かおり, 武居功, 原田幹生, 岩崎聖:
脊椎後方手術後の大腿外側皮神経障害. 整形外科 2010; 61 : 559-562.
11 尾鷲和也, 原田幹生 内海秀明, 菅原裕史, 尾山かおり, 武居功:
腰下肢痛の鑑別診断における坐骨神経ブロックの有用性と限界 梨状筋症候群の診断に主眼を置いて. 臨床整形外科 2010; 45 : 51-57.
12 高原政利, 佐々木淳也, 原田幹生, 佐竹寛史, 荻野利彦:
上肢疾患の超音波診断法. 整形・災害外科 2009; 52 : 845-851.
13 桃井義敬, 原田幹生, 村成幸, 荻野利彦:
All-in-One Nailを用いた上腕骨近位端骨折の骨接合術後にネイルの上腕骨頭穿破を生じる原因の検討. 肩関節 2009; 33 : 341-343.
14 村成幸, 後藤康夫, 桃井義敬, 武居功, 鶴田大作, 佐々木淳也, 原田幹生, 荻野利彦:
軽微な受傷機転による外傷性肩前方不安定症の特徴. 肩関節 2009; 33 : 309-312.
15 高原政利, 村成幸, 原田幹生, 佐々木淳也, 渡邉忠良, 荻野利彦:
骨端線閉鎖前の上腕骨小頭離断性骨軟骨炎で極めて不安定であった4症例. 日本肘関節学会雑誌 2007; 14 : 7-10.
16 高原政利, 原田幹生, 村成幸, 佐々木淳也:
野球肘の保存治療と予防. Orthopaedics 2008; 21 : 37-43.
17 鈴木智人, 高原政利, 渡邉忠良, 村成幸, 佐々木淳也, 原田幹生, 荻野利彦:
野球選手の筋力とパフォーマンスに関する研究 上肢筋力と投球能力との関係. 日整会スポーツ学会会誌 2008; 28 : 185-190.
18 渡邉忠良, 高原政利, 和根崎史子, 村成幸, 佐々木淳也, 原田幹生, 荻野利彦:
バスケットボール選手の指筋力に関する研究. 日整会スポーツ学会会誌2008; 27 : 404-409.
19 佐々木淳也, 高原政利, 原田幹生:
野球肘の超音波診断. 関節外科 2008; 27 : 1009-1014.
20 菅原正登, 村成幸, 高原政利, 原田幹生, 荻野利彦:
中学・高校生競泳選手の肩関節痛. 日整会スポーツ学会会誌 2007; 26 : 389-395.
21 長谷川浩士, 原田幹生, 高原政利, 荻野利彦:
県代表テニス選手における外傷・障害の発生に関するアンケート調査. 日整会スポーツ学会会誌 2007; 26 : 313-318.
22 加藤秀輝, 尾鷲和也, 原田幹生, 桃井義敬, 内海秀明, 岩崎聖:
強直性脊椎炎に伴う頸椎骨折の1例. 臨床整形外科 2007; 42 : 1143-1146.
23 鈴木朱美, 高原政利, 原田幹生, 荻野利彦.:
上腕骨外上顆裂離骨折後に生じた後外側回旋不安定症. 日本肘関節学会雑誌 2006; 13 : 97-98.
24 佐竹寛史, 高原政利, 村成幸, 佐々木淳也, 原田幹生, 荻野利彦:
関節内遊離体の組織像. 日本肘関節学会雑誌 2006; 13 : 57-58.
25 長沼靖, 尾鷲和也, 内海秀明, 原田幹生, 菅原裕史, 加藤秀輝:
アスペルギルス性肘関節炎の1例. 整形外科 2007; 58 : 68-69.
26 高原政利, 佐々木淳也, 村成幸, 原田幹生, 荻野利彦:
内反肘変形に対する矯正骨切り術の工夫. 日本肘関節学会雑誌 2004; 11 : 203-204.
27 高原政利, 荻野利彦, 村成幸, 菊地憲明, 佐々木淳也, 原田幹生:
成長期の上腕骨小頭離断性骨軟骨炎. 骨・関節・靱帯 2005; 18 : 985-990.
28 村成幸, 高原政利, 佐々木淳也, 原田幹生, 荻野利彦, 後藤康夫:
高校野球選手における投球時肩痛と肩関節の可動域,ゆるみおよび筋力との関係. 肩関節 2005; 29 : 655-658.
29 佐々木淳也, 高原政利, 村成幸, 原田幹生, 伊藤友一, 荻野利彦:
中学野球選手の肘関節内側動揺性の超音波検査. 日整会スポーツ学会会誌 2004; 24 : 220-226.
30 村成幸, 高原政利, 佐々木淳也, 原田幹生, 荻野利彦, 後藤康夫:
成長期における野球選手の肩筋力評価 マイクロフェットを用いて. 肩関節 2004; 28 : 347-350.
31 佐々木淳也, 村成幸, 高原政利,原田幹生, 荻野利彦, 後藤康夫:
成長期の野球選手の上腕骨頭後捻角の計測. 肩関節 2004; 28 : 233-236.
32 佐々木淳也, 高原政利, 村成幸, 原田幹生, 荻野利彦:
遊離体による腕尺関節のロッキングの持続. 日本肘関節学会雑誌 2004; 11 : 211-212.
33 佐々木淳也(山形大学 医学部 整形外科), 高原政利, 村成幸, 原田幹生, 荻野利彦:
高校野球選手の尺側側副靱帯 超音波を用いた評価. 日本肘関節研究会雑誌 2003; 10 : 53-54.
34 高原政利, 荻野利彦, 村成幸, 佐々木淳也, 原田幹生:
肘関節骨軟骨損傷の診断 上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎. 日本肘関節研究会雑誌 2003; 10 : 29-30.
35 田中賢, 石垣大介, 金内ゆみ子, 柏英雄, 桃井義敬, 原田幹生, 荻野利彦:
小児の上肢に発症した壊疽性水痘の1例. 東北整形災害外科紀要 2001; 45 : 251.
36 松井俊明, 太田吉雄, 斉藤聰, 石井淳二, 原田幹生:
鎖骨遠位端骨折におけるWolter clavicular plateの使用経験. 骨折 2001; 23 : 116-120.



1 Mikio Harada, Masatoshi Takahara, Masahiro Maruyama, Junya Sasaki, Ogino Toshihiko. Comparison radiographic findings and ultrasonographic findings in medial elbow laxity in the high school baseball players. 23nd Congress of the European Society for Surgery of the Shoulder and the Elbow SECEC-ESSSE, Lyon: 14-17, September 2011.
2 Mikio Harada, Takahara Masatoshi, Tomoto Suzuki, Sasaki Junya, Mura Nariyuki, Toshihiko Ogino Elbow injuries in the adolescent baseball players. 22nd Congress of the European Society for Surgery of the Shoulder and the Elbow SECEC-ESSSE, Madrid: 16-19, September 2009.
3 Mikio Harada, Kazuya Owashi, Yoshitaka Momonoi, Hideaki Utsumi, Hirobumi Sugawara, Kiyoshi Iwasaki, Hideteru Kato, Yasushi Naganuma, Kori Oyama. Results of surgery for piriformis syndrome in 63 patients. The 75th Annual Meeting of the American Academy of Orthopaedic Surgeons, San Francisco: 5-9, March 2008.
4 Mikio Harada, Masatoshi Takahara, Nariyuki Mura, Junya Sasaki, Tomokazu Ito, Toshihiko Ogino. Risk Factors for Elbow Injuries among Young Baseball Players. The Annual Meeting of the American Orthopaedic Society for Sports Medicine, Orlando: 10-13, July 2008.
5 Mikio Harada, Masatoshi Takahara, Hiroshi Hasegawa, Toshihiko Ogino. Upper extremity pain in male high school tennis player. The 10th World Congress of Society for Tennis Medicine and Science,Tokyo: 2-4, October 2008.
6 Mikio Harada, Takahara M, Sasaki J, Mura N, Ito T, Ogino T: Early detection of elbow injuries among young baseball players using ultrasonography. The 62th Annual Meeting of the American Society for Surgery of the hand, Seattle, USA: 27-29, September 2007
7 Mikio Harada, Takahara M, Hirayama T, Sasaki J, Mura N, Ogino T: Outcome of conservative treatment for medial epicondylar fragmentation. The 62th Annual Meeting of the American Society for Surgery of the hand, Seattle; 27-29, September 2007
8 Mikio Harada Role of GDF5 in digit development. The 50th Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society, California; 7-10, March 2004
9 Mikio Harada: Developmental failure of cruciate ligaments associated with absence of growth differentiation factor 5. The 49th Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society, New Orleans; 2-5, February 2003



1 原田幹生、高原政利、丸山真博:
男子少年テニス選手における上腕骨内上顆の裂離の特徴と予後. 第24回日本肘関節学会, 長岡; 2012年2月18日.
2 原田幹生、高原政利、丸山真博、渡邊忠良、江口理博、池内正一、布川元:
高校野球選手における主観的評価と身体所見の関係. 第24回日本肘関節学会, 長岡; 2012年2月18日.
3 原田幹生、高原政利、鈴木智人、佐々木淳也、村成幸、荻野利彦:
高校野球選手に対する肘検診におけるMilkingテストと超音波の有用性. 第23回日本肘関節学会, 東京; 2011年2月26日.
4 原田幹生、高原政利、村成幸、佐々木淳也、荻野利彦:
少年野球選手の投手における野球肘の発症に関与する危険因子の検討. 第23回日本肘関節学会, 東京; 2011年2月26日.
5 原田幹生、村成幸、高原政利、佐々木淳也、丸山真博、鈴木智人、荻野利彦:
高校野球選手における肩関節可動域と肘内側のゆるみとの関係. 第84回日本整形外科学会, 横浜; 2011年5月12-15日.
6 原田幹生 高原政利 丸山真博 荻野利彦:
14歳以下のジュニアテニス選手の身体特性. 第84回日本整形外科学会, 横浜; 2011年5月12-15日.
7 原田幹生、高原政利、丸山真博、荻野利彦:
検診後1年以上経過したジュニアテニス選手の再検診. 第1回日本テニス・スポーツ医学研究会, 東京; 2011年5月29日.
8 原田幹生、高原政利、丸山真博、荻野利彦:
ジュニアテニス選手における足関節痛の調査 ?過去の足関節捻挫との関係-. 第37回日整会スポーツ学会, 福岡; 2011年9月23-24日.
9 原田幹生、高原政利、丸山真博、佐々木淳也、荻野利彦:
野球選手における肘関節内側動揺性の超音波評価:X線評価との比較. 第37回日整会スポーツ学会, 福岡; 2011年9月23-24日.
10 原田幹生、村成幸、高原政利、佐々木淳也、丸山真博、荻野利彦:
高校野球選手における肩痛発症に関与する因子の検討. 第38回日本肩関節学会, 福岡;2011年10月7-8日.
11 原田幹生、高原政利、丸山真博、渡邊忠良、江口理博、池内正一、布川元:
高校野球選手における主観的評価と理学的所見の関係. 第22回日本臨床スポーツ学会, 青森;2011年11月5-6日.
12 原田幹生、高原政利、平山朋幸、佐々木淳也、村成幸、荻野利彦:
上腕骨内上顆の裂離の保存治療成績とその予後. 第22回日本肘関節学会, 東京; 2010年2月13日.
13 原田幹生、高原政利、鈴木智人、佐々木淳也、村成幸、荻野利彦:
高校野球選手の肘障害. 第83回日本整形外科学会, 東京; 2010年5月27-30日.
14 原田幹生、高原政利、鈴木智人、佐々木淳也、村成幸、荻野利彦:
高校野球選手に対する肘検診におけるMilkingテストと超音波の有用性. 第83回日本整形外科学会, 東京; 2010年5月27-30日.
15 原田幹生、高原政利、丸山真博、荻野利彦:
検診後1年以上経過したジュニアテニス選手の追跡調査. 第2回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS), 沖縄; 2010年7月2-4日.
16 原田幹生、高原政利、丸山真博、荻野利彦:
14歳以下のジュニアテニス選手の身体特性. 第36回日整会スポーツ学会, 横浜; 2010年9月10-12日.
17 原田幹生、村成幸、高原政利、佐々木淳也、丸山真博、鈴木智人、荻野利彦:
高校野球選手における肩関節可動域と肘内側のゆるみとの関係. 第37回日本肩関節学会, 仙台;2010年10月8-9日.
18 原田幹生 高原政利 佐々木淳也 村成幸 伊藤友一 荻野利彦:
少年野球選手における野球肘と骨年齢との関係. 第21回日本肘関節学会, 東京; 2009年2月14日.
19 原田幹生 高原政利 平山朋幸 佐々木淳也 村成幸 荻野利彦:
上腕骨内上顆の裂離の保存治療成績. 第82回日本整形外科学会, 福岡; 2009年5月14-17日.
20 原田幹生 高原政利 佐々木淳也 村成幸 伊藤友一 荻野利彦:
少年野球選手の野球のパフォーマンスと上腕骨内上顆裂離の発症との関連性. 第82回日本整形外科学会, 福岡; 2009年5月14-17日.
21 原田幹生、浅野多聞、菅原裕史、佐竹寛史、尾鷲和也:
骨穿孔術後の骨癒合不全に対して自家骨軟骨移植術を行った距骨離断性骨軟骨炎の1例. 第107回東北整形外科災害外科学会, 新潟; 2009年6月19-20日.
22 原田幹生、大饗和憲、高原政利、荻野利彦:
広島国際女子オープン大会における女子プロ・エリートアマチュアテニス選手の足関節痛の調査. 第1回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS), 札幌; 2009年6月25-27日.
23 原田幹生、後藤康夫、村成幸、武居功、尾鷲和也、荻野利彦:
スポーツにより生じた鎖骨骨幹部骨折の治療成績. 第36回日本肩関節学会, 山形;2009年10月9-10日.
24 原田幹生、高原政利、鈴木智人、佐々木淳也、村成幸、荻野利彦:
高校野球選手の肘障害. 第20回日本臨床スポーツ学会, 神戸;2009年11月14-15日.
25 原田幹生、荻野利彦、高原政利、後藤康弘、寒河江正明、田中賢:
女子ジュニアテニス選手に発症した両側の上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎の1例. 第20回日本肘関節学会, 東京; 2008年2月2日.
26 原田幹生 高原政利 佐々木淳也 村成幸 伊藤友一 荻野利彦:
少年野球選手における野球肘と骨年齢との関係. 第81回日本整形外科学会, 北海道; 2008年5月22-25日.
27 原田幹生 高原政利 長谷川浩士 荻野利彦:
ジュニアテニス選手の検診による疼痛の実態調査. 第34回日整会スポーツ学会, 東京; 2008年7月4-5日.
28 原田幹生 大饗和憲 高原政利 荻野利彦:
広島国際女子オープン大会における女子プロ・エリートアマチュアテニス選手の疼痛の調査. 第20回テニス学会, 東京; 2008年11月1-3日.
29 原田幹生 後藤康夫 村成幸 荻野利彦:
腱板断裂の大腿筋膜パッチ法術後MRIにおける修復腱の経時的変化.第35回日本肩関節学会, 大阪;2008年11月28-29日.
30 原田幹生 高原政利 荻野利彦:
ジュニアテニス選手の障害と外傷. 第19回日本小児整形外科学会, 東京; 2008年12月11-12日.
31 原田幹生, 高原政利, 佐々木淳也, 村成幸, 伊藤友一, 荻野利彦:
少年野球選手の野球肘の発症に関与する危険因子の検討. 第19回日本肘関節学会, 神戸; 2007年2月10日.
32 原田幹生 高原政利 長谷川浩士 荻野利彦:
男子高校テニス選手における上肢痛の調査. 第33回日整会スポーツ学会, 北海道; 2007年6月14-16日.
33 原田幹生、高木信博、尾鷲和也、尾山かおり、内海秀明、菅原裕史:
野球選手に生じた腰椎左側分離症、右側椎弓根疲労骨折の2例. 第105回東北整形外科災害外科学会, 福島; 2007年6月29-30日.
34 原田幹生、尾鷲和也、桃井義敬、内海秀明:
梨状筋症候群に対する手術治療63例の検討. 第56回東日本整形災害外科学会, 軽井沢; 2007年9月21-22日.
35 原田幹生, 高原政利, 朴哲, 荻野利彦:
マウス膝関節発生におけるGDF5の役割についての検討. 第46回日本先天異常学会, 山形; 2006年6月29-30日
36 原田幹生尾鷲和也, 桃井義敬, 岩崎聖, 加藤秀輝, 尾山かおり:
梨状筋症候群術後の不良例の検討. 第104回東北整形外科災害外科学会, 秋田; 2006年6月16-17日.
37 原田幹生, 村成幸, 高原政利, 鳴瀬卓爾, 荻野利彦:
腋窩部くい刺創による長胸神経麻痺の1例. 第104回東北整形外科災害外科学会, 秋田; 2006年6月16-17日.
38 原田幹生, 高原政利, 長谷川浩士, 高窪祐弥, 佐竹寛史, 鈴木智人, 荻野利彦:
エリートジュニアテニス選手のバックハンドストロークの種類による疼痛部位や身体特性の相違. 第32回日整会スポーツ学会, 沖縄; 2006年6月8-10日.
39 原田幹, 高原政利, 佐々木淳也, 村成幸, 荻野利彦:
少年野球選手に対する超音波を用いた肘検診. 第79回日本整形外科学会, 横浜; 2006年5月18-21日.
40 原田幹生, 高原政利, 佐々木淳也, 村成幸, 荻野利彦:
少年野球選手における野球肘発症と肩の内外旋との関係. 第79回日本整形外科学会, 横浜; 2006年5月18-21日.
41 原田幹生, 高原政利, 佐々木淳也, 村成幸, 伊藤友一, 荻野利彦:
少年野球選手のパフォーマンスと野球肘の発症との関連性. 第18回日本肘関節学会, 名古屋; 2006年1月27日.
42 原田幹生, 尾鷲和也, 尾山かおり, 桃井義敬, 岩崎聖, 和根崎史子:
非外傷性殿部コンパートメント症候群の1例. 第20回庄内整形外科医会, 鶴岡; 2005年11月19日.
43 原田幹生, 高原政利, 林雅弘, 長谷川浩士, 平山朋幸, 荻野利彦:
大学テニス選手の体幹・下肢の柔軟性と上肢筋力. 第31回日整会スポーツ学会, 奈良; 2005年7月1-2日.
44 原田幹生, 高原政利, 林雅弘, 長谷川浩士, 荻野利彦:
ジュニアテニス選手に生じる障害・外傷のアンケート調査. 第31回日整会スポーツ学会, 奈良; 2005年7月1-2日.
45 原田幹生, 高原政利, 佐々木淳也, 村成幸, 伊藤友一, 荻野利彦:
少年野球選手における野球肘と肩の内外旋の関係. 第17回日本肘関節学会, 東京; 2005年2月12日.
46 原田幹生, 高原政利, 朴哲, 荻野利彦:
非荷重関節における骨軟骨欠損の実験的研究. 第15回実験動物セミナー研究成果発表会, 山形; 2004年12月22日.
47 原田幹生, 高原政利, 佐々木淳也, 村成幸, 伊藤友一, 荻野利彦:
少年野球選手のパフォーマンスと野球肘の発症との関連性. 第30回日整会スポーツ学会, 東京; 2004年7月2-3日.
48 原田幹生, 高原政利, 佐々木淳也, 村成幸, 伊藤友一, 荻野利彦:
少年野球選手の野球肘の発生に関与する因子の検討. 第77回日本整形外科学会, 神戸; 2004年5月20-23日.
49 原田幹生, 高原政利, 佐々木淳也, 村成幸, 伊藤友一, 荻野利彦:
少年野球選手のパフォーマンスと野球肘の発症との関連性. 第102回東北整形外科災害外科学会, 盛岡; 2004年5月14-15日.
50 原田幹生, 高原政利, 佐々木淳也, 村成幸, 伊藤友一, 荻野利彦:
少年野球選手の内側型野球肘の評価における超音波の有用性の検討. 第16回日本肘関節学会, 京都; 2004年2月22日.
51 原田幹生, 高原政利, 朴哲, 荻野利彦:
非荷重関節における骨軟骨欠損の実験的研究. 第16回日本肘関節学会, 京都; 2004年2月22日.
52 原田幹生, 高原政利, 朴哲, 大辻美和子, 高木理彰, 斉藤英子, 荻野利彦:
マウス指発生におけるGDF5の役割. 第14回実験動物セミナー研究成果発表会, 山形; 2003年12月17日.
53 原田幹生, 高原政利, 朴哲, 大辻美和子, 高木理彰, 斉藤英子, 荻野利彦:
マウス指発生におけるGDF5の役割. 第18回日本整形外科基礎学会, 北九州; 2003年10月16-17日.
54 原田幹生, 高原政利, 村成幸, 伊藤友一, 荻野利彦:
少年野球選手に対する超音波を用いた検診. 第76回日本整形外科学会, 金沢; 2003年5月22-25日.
55 原田幹生, 高原政利, 村成幸, 佐々木淳也, 伊藤友一, 荻野利彦:
少年野球選手に対する超音波を用いた検診. 第101回東北整形外科災害外科学会, 弘前; 2003年4月25-26日.
56 原田幹生, 高原政利, 朴哲, 大辻美和子, 高木理彰, 斉藤英子, 荻野利彦:
マウス前・後十字靱帯発生におけるGDF5の役割についての検討. 第16回軟骨代謝学会, 岡山; 2003年3月7-8日.
57 原田幹生, 高原政利, 朴哲, 大辻美和子, 高木理彰, 斉藤英子, 荻野利彦:
マウス前・後十字靱帯発生におけるGDF5の役割についての検討. 第13回実験動物セミナー研究成果発表会, 山形; 2002年12月19日.
58 原田幹生, 高原政利, 朴哲, 大辻美和子, 高木理彰, 斉藤英子, 荻野利彦:
マウス膝関節発生におけるGDF5の細胞増殖とアポトーシスへの影響についての検討. 第17回日本整形外科基礎学会, 青森: 2002年10月11-12日.
59 原田幹生, 高原政利, 朴哲, 大辻美和子, 高木理彰, 斉藤英子, 荻野利彦:
マウス膝関節発生におけるGDF5の細胞増殖とアポトーシスへの影響についての検討. 第15回軟骨代謝学会, 前橋; 2002年3月8-9日.
60 原田幹生, 高原政利, 村成幸, 荻野利彦, 伊藤友一 :
超音波を用いた野球少年に対する野球肘の検診. 第23回山形県スポーツ医科学研究会, 山形 ; 2002年9月



Copyright c 2012 原田幹生(はらだみきお) All Rights Reserved.